体の中から顔のシミをなくす

MENU

食べ物でシミは消える?

鏡を見ると今までなかったぽつぽつが…!

 

顔にシミが増えてる〜!!

 

あなたには、こんな経験はありませんか?

 

女性にとってはちょっとしたホラーよりも怖いことですよね。

 

日焼けの後や寝不足の後、遊びすぎの後にもいつの間にか増えてしまうシミ。

 

若いころなら寝る前のパックで消えていたシミも年齢とともに消えにくくなっていませんか?

 

つらい事実ですが、どうしても年を重ねると新陳代謝は落ちてくるもの。

 

これを止めるにはパックなどの外からのケアでは間に合いません。

 

それではどうすればいいのか?

 

やはり体の中からもアプローチすることがシミ対策には重要です。

 

消えなくなったシミは皮膚の表面から奥の方へ沈んでしまっているものが大半なので体の中から直接アタックして薄くしていく方が効果的なのです。
それには食べるものでシミを消してくれる力を持つ栄養に助けてもらうことが大切になってきます。

 

ではどんな食べ物がシミを薄くしてくれるのでしょうか?

 

シミ対策に取り入れたい栄養素

 

 

ビタミンC

柑橘類に多く含まれるビタミンで、抗酸化力が強い。
メラニンの沈着を抑えるのでシミを薄くする効果が期待できます。

ビタミンB

肌荒れやホルモンバランスを整える働きがある。
豚肉やレバーなどに多く含まれる。

ビタミンE

細胞を活性酸素から守る脂溶性抗酸化物質のひとつ。
アーモンドなどのナッツ類に多く含まれる。

カテキン

ポリフェノールの一種で抗酸化力が強い。
緑茶に多く含まれる。

 

シミに働きかける力の強いこれらの栄養素は体の中に蓄えておくことが難しいものばかりなので、定期的に食事から取り入れる必要があります。

 

緑茶は毎日3〜5杯、アーモンドは果物も食事の時に一緒に摂ると効果的です。

 

シミが少し薄くなってきたら今度は新陳代謝を促してあげましょう。

 

新しい肌がきれいになるとさらにシミが消えていきます。

 

肌の新陳代謝には潤った状態であることが重要なので、今度は肌の保湿対策を見てみましょう。

 

肌を保湿するために取り入れたい栄養素

 

セラミド

生こんにゃくで話題になったセラミドは保湿効果が高く皮膚のバリア機能を果たす。肌を刺激から守る。
こんにゃくの他、黒ゴマ、大豆、バナナなどに多く含まれる。

オメガ3系の油

肌に潤いをとどめる働きをする。細胞や血管を作るために使われる。
青魚やこめ油、ゴマ、ナッツなどに多く含まれる。

ビタミンA

新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを助ける。
レバー、ウナギ、卵、のりなどに多く含まれる。

 

ビタミンAは油と一緒に摂取すると吸収されやすくなるので調理の時に油を使ったり一緒に食べるなどすると効果的です。

 

普段食べる食事と比べてみてどうでしたか?

 

あまり食べていないとしたら今日から取り入れてみましょう^^

 

顔のシミを消す手助けをしてくれる栄養素ばかりですよ。

 

外食の多い方やコンビニで買うという方も素材から選ぶといいかもしれませんね。

 

毎日少しずつ食事に気をつけるだけで自然とお肌のためになります。
おいしく食べてきれいになりましょう。

 

体の中からシミを薄くするサプリメント

 

そうは言っても、食事は外食が多いし、結局自分の好きなモノばかり食べちゃうし・・・。

 

そもそも、栄養素とか難しいことはわかんないよ?


 

ですよね〜^^;

 

 

日々の食事からしっかり栄養を取るのが一番です。

 

肌は食べるものからできています。

 

それはわかってるけど、専門家ではない限り完全にできるかと言ったら、それは無理です。

 

だったら、毎日飲めるサプリメントを利用するというのはどうですか?

 

マスターホワイト 美白

 

【マスターホワイト】はメラニンの改善を行うために巡りを良くして、潤いを与えてハリと弾力もケアしてくれるサプリメント。

 

配合されている16種類の美容成分は、すべて天然の成分です。

 

ビタミンC一つとっても、安価な合成ビタミンCは使われていないんです。

 

私達の体は優れたセンサーを持っていて、合成で作られたものは吸収しないんですよ。

 

せっかく体の中からシミをキレイにしたいと考えるなら、当然口から入るサプリの成分にもこだわりたいですよね^^

 

毎日、美容成分を内側からしっかり摂ることがキレイでいられる秘訣です。

 

>>マスターホワイトに配合された厳選のシミ消し成分を見てみる?